男子厨房に入るべからず③ ~鳥のひき肉の料理~ 【加筆修正版】

≪スポンサーリンク≫

いや~、我が家の冷凍庫がいっぱいいっぱい。でもOK。

1・冷凍庫はキツ目に詰め込む事で、庫内の温度を下げ、電気代を節約。
2・冷蔵庫は、余裕を持ってしまい、空気(冷気)の流れを作って上げて、効率を向上させる事で電気代を節約。

この、冷蔵庫の電気代節約のオキテがしっかりと守られている証拠ですから。
と言っても、新たに食材を仕舞い込むスペースが、最早冷凍庫にはありません。
その状況下で、大量に“鶏肉のミンチ”を2kgも入手してしまったのです。
更に、
今日は、私の“奥たん”も外出中でおりません。
ならばやる事は一つです。そう、料理をして、食材を消費することで冷凍庫のスペースをちょうど良い感じにしてしまいましょう。
同時に、男の手料理を奥様に披露する事で、内申点アップも間違いありません。
全く関係ありませんが・・・・・・

 こちらは「花と奥たん」高橋 しん 著(ビッグコミックスペシャル)

”奥たん“と言う響きに、惹かれてしまいます。何故でしょうか。
この漫画はお気に入りです。しん先生の独特の世界観が出てますよね。

と言う事で日頃、料理をしない私ですが、今日は張り切って料理をする事にしました。

①豆腐と鶏挽肉のハンバーグ

材料(2~3人分)◆

鶏肉:200g~250g(鶏肉は健康なので、好みで量を調節して下さい。)
野菜:適量(毎回違うので、正確なレシピは有りません)
玉ねぎ:小さ目を一玉
人参:半分
ニンニク:一欠けら
レンコン:2cm程
木綿豆腐:1丁
黒コショー:少々


◆作り方◆

①豆腐はしっかりと水気を切る。水気を切らないと崩れます。
しかし切りすぎはダメです。軽めの重りで20分ほどで充分です。
②野菜はみじん切り。とにかく小さく切っておきます。
③野菜をサッと炒めます。油を引いて野菜を入れ、水を少し入れて炒めます。
玉ねぎを甘くしたいので、水は必ず入れてます。若干焦げ目が着いたらOK。
冷やしたボウルに、豆腐と鶏肉を入れて混ぜます。冷やしたボウルを使う事で、肉のうま味を閉じ込めます。

②豆腐と鶏挽肉のハンバーグ BIGサイズ



 

 

 

 

お箸で サクッと



 

 

 

 

 

もっちと チーズ入れてみました~


③鶏挽肉とトマトのドライカレー
      & 鶏挽肉の つくね風肉団子


 

 

 

 

 

また 作ってしまった ドライカレー

今日は スパイス調整して
前回よりも コクと 辛さを出して
ビール に 合う様にしてみました
後ろに見えるのは……
某デパートの物産展で入手した、九州名物の“から揚げ”です。
時間があれば 後日紹介

ああぁ 明日はセンター試験なのですね。私は、過去に2回受けましたよ。

攻略の秘訣は深呼吸です。受験生は このブログなんて見ないけど 一応アドバイスを。

仕事もそうであると思いますが、その場の空気に飲まれてしまうと、ダメですよね。空気は自ら作っていきましょう。

●アサヒビール HP(アサヒ大好き♪)
http://www.asahibeer.co.jp/superdry/
●高橋しん(しんプレ)HP
http://www.sinpre.com/

 

 

次回の記事が気になったら、登録お願いします。

follow us in feedly

≪スポンサーリンク≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*