2月19日 ~東京11R 第29回 フェブラリーステークス(GⅠ)~ 検討

≪スポンサーリンク≫

2012年2月19日
東京11R 第29回 フェブラリーステークス(GI)
ダート1600m・左 発走:15:40


【予想】
◎ ⑨エスポワールシチー
〇 ⑮トランセンド
▲ ⑯テスタマッタ
△ ⑩ワンダーアキュート
△ ⑪ダノンカモン


【検討】
中央ダート戦線では絶対王者トランセンド。正直隙は見当たらない。
しかし、それでは面白くない。何とかしてトランセンドの死角を探せないか探る。
それはスマートファルコンと対戦した、前々走のJBCクラシック(GⅠ)トランセンドは敢えて鼻を切らず追走。その結果やはりスマートファルコンには届かない。しかし、その次走ジャパンカップダート(GⅠ)では強引に先頭に立ち、そのまま他馬を抑え込む展開に。
先頭に立った、トランセンドを差す馬は考えられない。
しかし、トランセンド。スタートは早くない。
JCDのテン1Fは12.5秒で先頭。南部杯はテンの1Fは12.0で2番手、それもかなり押しての中で。
つまりトランセンドの前は取れるはず。
スタートでトランセンドの前を走れる馬、そしてそのまま継続して走れる馬を探し本命にしたい。

エスポワールシチー
正直、もうピークは過ぎた。前走も頭はないと思っていたし、今回も。しかし、鞍上の武豊Jがどう乗るのかで変わるはず。
武Jが先週に続き、好騎乗を出来るか。そして佐藤哲三Jがラップの刻み方を覚えさせているエスポが対応出来るのか。
トランセンド
頭さえ取れば、そのまま圧勝。けれど◎は面白くないので〇で。
内心、勝ってドバイへ!!と思っていたりして。
テスタマッタ 
ハマれば走る。問題は鞍上との折り合いだけ。かつて同レースでエスポの2着。今年も期待。
ワンダーアキュート
トランセンドに迫ったJCダート。東京大賞典ではスマートファルコンの2着。実力は上位。
ただし、前走後に休養し馬体が緩んでいる可能性が(馬体重重いし)。絞れていれば。
ダノンカモン
能力はGⅠ級。南部杯でも証明済み。しかし繊細なのか馬群は嫌うは、抜ければソラを使うし、で重賞無冠。
いきなり一発が有ってもおかしくないはず。

ヤマニンキングリー
穴で応援馬券で。かつて凱旋門賞を目指していたブエナビスタ。その壮行レースの札幌記念でブエナを破る。
また、初ダートのシリウスSでいきなり勝利。JCダート、東京大賞典と結果は出てないが、札幌記念の再現、
そして空気を読まないところを、父のアグネスデジタルから引き継いでいて欲しいので。

【買い目】
馬連:⑨-⑮⑯⑩⑪:4点
3連単:⑨1着固定-相手⑮⑯⑩⑪:12点

応援馬券:⑦ヤマニンキングリー

次回の記事が気になったら、登録お願いします。

follow us in feedly

≪スポンサーリンク≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*