3月25日 ~中京11R 第42回 高松宮記念(GⅠ)~ 検討

3月25日 中京11R 第42回 高松宮記念(GⅠ)
1200m 芝・左 発走:15:40


●JRA TVCM「THE WINNER/キングヘイロー」

2000年 第30回 高松宮記念
優勝馬:キングヘイロー(牡5)  カッコいいですね~。


今年、最初の芝のGⅠですね。ただ、スプリント戦は正直、アッと言う間に決着が着くので少し寂しい気持ちのなるのですが、私だけでしょうか。
それはそうと、今年の高松宮記念は新装オープンした中京競馬場での開催という事で、少々難解ですね。下記で上げた馬の他にも馬券を買いたい馬が数頭います(特に⑪サクラゴスペルとか……)。正直、短距離は展開のアヤもあるので、絞るのが難しいですが、勝負してみたいと思います。

【買い目】
◎ ⑩カレンチャン
〇 ⑰サンカルロ
▲ ⑭グランプリエンゼル
△ ③アグネスウイッシュ
△ ①ロードカナロア


【検討】
カレンチャン:池添謙一・55.0
〇叩かれて上昇気配。斤量が減。×追い切りに不安。

先週はプロの仕事とは思えなかった池添J。気持ちを切り替えて、初心を忘れずにお願いします、チョリ添!!
カレンチャン、前走・オーシャンSは4着も、もともと予定になかった1戦。その1戦を使った事で上昇気配。カレンチャンは、間隔が空くと入れ込み癖がある様なので、一戦使った今回は期待大。前走も重馬場を外を回しての4着。センスのある器用な馬なので、今回は勝利とは言わず、連の軸馬としては安定感がありそうなので◎。安田厩舎の4頭のうち、カレンチャンが一番厩舎としては自信がありそうな気がします。(ダッシャーゴーゴーは、中京の直線が長すぎる気もしますし、トウカイミステリーは平坦・良馬場が好成績なので、今回は・・・・・・。)

サンカルロ:吉田豊・55.0
〇叩かれて上昇。前走は不利あり。×1200よりも1400が適正距離か。

前走、休み明けの阪急杯で3着。今回は叩かれて、上昇気配。ただ、馬の実績面から1400が得意な様な気がします。なので△で考えていました。
しかし、今の中京の馬場状況を見ると、単純に1200の実績よりも1400の実績も必要に感じます。多分、時計がかかる状況から、まだ芝が他の競馬場よりも若干柔らかいのではないでしょうか。ならば、余計に体力を使いそうな感じがしますので、○にします。

グランプリエンゼル:藤岡祐介・57.0
〇馬場状況不問。×展開を味方にしなければ厳しい。

個人的に好きな馬なんで◎にしたい気持ちですが、実力面では若干見劣りしますね。しかし、今回は中京競馬場・左回り。左回り東京にてNHKマイル=3着。ヴィクトリアマイル=4着と走っている、走っている。前走も重馬場のオーシャンSにて2着と好調。そして時計がかかる新装・中京。条件は揃っている様な気配。今回がラストランとは言わず、今回も好走して、次走ヴィクトリアマイルもお願いします!!

アグネスウイッシュ:武豊・57.0
〇末脚一発に期待。左回りは好成績。×坂が不安。

前走、山城Sでは上がり33.8秒の末脚を使い勝利。2走前、伏見Sでは上がり33.1秒で2着、3走前の宗像特別(1000万下)では末脚33.5秒で1着と3走続けて33秒台の脚を使っているのが魅力。今日のレース状況を見ていると1200戦では、極端な前残りにはならないと睨み、キレで勝負できるのではないでしょうか。鞍上にも期待します。

ロードカナロア:福永祐一・57.0
〇実力は最上位。×鞍上。最内枠。調教過程に不安。

中距離以上はオルフェーブル、短距離はロードカナロアと思って良い程、現状の短距離戦線では実力は上位だと思います。しかし、今回のGⅠ挑戦には若干不安予想がある様な気がします。2月19日に時計を出した以降、次に時計を出したのは3月1日、約2週間の間隔が空いているのが気になります。しかし、3月25日(水)には坂路にて【50.6-37.4-24.4-12.4】とキッチリ仕上げて来ています。態勢は整ったとは思いますが、この空白に不安を覚えたのと、際内枠。まだまだ馬の力は伸びると思いますが、今回は印を△で。次走以降に期待します。
あと個人的に福永Jは、【1番人気⇒勝たない。それ以外⇒勝利・好走】が今年の傾向かと勝手に思い込んでいますので、◎にはしません。1番人気だと思いますので、ずばりロードカナロアは来ないと。

【買い目】
上記5頭の馬連ボックス:10点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*