米作農家に本気で感謝します。~断食生活6日目#01~

何事もそうなのですが、終わってみればアッと言う間。実際にその最中であれば、一瞬の様に感じたり、もしくは物凄く長く感じたり、時間の感じ方は様々ですが、一度終わった事、過ぎ去った事を思い出すとアッと言う間ですよね。

  と言う訳で、先週一週間に渡って行った断食生活。

初日~5日目は記事にしましたが、最後の二日間の記事を書いていないので、今更ではありますが、断食生活6日目を振り返っていきます。
(最終日はまた別の記事に書きますが・・・・貴重なネタは正直、出し惜しみます。ブログ書けなくなるし、すいません。)

◎初日~5日目のおさらい
【初日】 朝食:無し
夕食:おすまし(具なし)
     体重:85.0㎏(朝)~84.0㎏(夜)  ウエスト90.0㎝(夜)
【2日目】朝食:酵素ジュース
夕食:野菜スープ(具なし)
     体重:82.6㎏(朝) ウエスト86.0㎝(夜)
【3日目】朝食:野菜スープ
夕食:野菜スープ
     体重:81.6㎏(朝)~81.6㎏(夜)  ウエスト86.0㎝(夜)
【4日目】朝食:お粥(3分)・味噌汁(車麩)・梅干し
夕食:お粥(5分)・味噌汁(豆腐)・梅干し
     体重:80.8㎏(朝)~81.6㎏ ウエスト㎝87.0(夜)
【5日目】朝食:お粥(7分)・味噌汁(じゃが芋)・梅干し(小梅)・人参シャーベット
夕食:お粥(全粥)・車麩と豆腐の煮物・じゃが芋の煮物・梅干し
     体重:80.9㎏(朝)~81.6㎏(夜) ウエスト㎝87.0(夜)

◎6日目~感想~
5日目にだいぶ固形物を吸収できたおかげなのか、胃腸の動きが活発になって来ており、久々に若干ですがお通じもありました。自然の摂理なのか、人間何も(固形物を)食べないと、当然ながらお通じは無い様です。それまで1日に3回は絶対にお通じが有ったのですが、それは今までが食べ過ぎだったと言う事なのでしょうね。
しかしこの日は空腹感よりも、ちょっと疲労感の様なものが体に感じていました。まぁ、前日に遊び過ぎたのかもしれませんが。

今回のプログラムでは7日間(6泊7日)の日程になっていますので、明日の午前中で総全てが終了。そのおかげでこの時点でかなりテンションは上がっています。あと1日と終わりが見えていると人間頑張れるものなのですね。断食をこれから挑戦するという方は、やはり確りと日程は決めて取り組んだ方が良いでしょうね。

朝食:うどん、おにぎり(小)、お漬物
昼食:なし
夕食:フルコース
体重:80.8㎏(朝)、81.5㎏(夜) ウエスト:未測定(変化がないので)

●6日目朝食の様子

いよいよお米かと思いきや・・・・


・・・・うどんです。美味しかったけれどね。お野菜たっぷりも嬉しいところ。


 

 

お米はここにいました!!・・・・少しだけ。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝食、ついにこの日はお米になると思っていたのですが、不意打ちです。残念ですが、うどんでした。まぁ、当然と言えば当然。いきなりお米になっては消化器官に対してストレスがかかってしまいますよね。なので、うどん。納得の選択でした。味も美味しかったし。何よりもしっかりと出汁をとっているので、優しい味で素敵でした。

まぁ、お米の方は小さいオニギリとなって登場はしていたのですが。それにしてもこの時の漬物には感謝。味が口の中に広がって、本当に嬉しかった~。日頃こんなに漬物に感謝した事はないのではないかと思いました。

がしかし、頭はそうは言っても体、主に胃腸は納得できない様でかなり固形物を欲しがっていた様で、この日の空腹感が今までで一番きつかった。もう空腹を我慢出来ない体ではないのですが、徐々に活動的になった胃腸さんには堪えたようです。消化活動を思い出してしまった様で、催促を忘れません。

「断食の成功の是非は回復食にかかっている」そう断言できる様です。是非トライする方は参考までに。

何故だか読みに読んだ「美味しんぼ」。雁屋&花咲先生最高です!!


 

 

 

 

 

 

 
ちなみにこの日は空腹からか疲労感からか、温泉とちょっとした散歩の他は、

   美味しんぼ(作:雁屋哲/画:花咲アキラ)

をひたすら読んでました。昔は結構知らない事が載っていたけれど、今となってはそうう珍しくない物もあったり、時代の流れを感じてました。余計にお腹が減るだろうと思われるかもしれませんが、意外に刺激されませんでした。確かに美味しそうだぁとは思うのですが、字が多い為か集中して読んでしまい、意外に空腹を誤魔化すよきパートナーとなったと個人的には思います。ただし、これから断食にトライする方は、断食のお供にするかどうかは自己責任でお願いします。

 

そしていよいよ、この断食生活のメインディナーがこの晩に控えているのですが、長くなったので次の記事にてエントリーしますす。あしからず。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*