ご飯を食べられる幸せを感じた時 ~断食生活6日目#02~

前回の記事は長くなりそうだったので、断食生活6日目は朝食と夕食に分けさせていただきました。
(いや、ネタが無いから分けた訳ではないですよ!!多分ね。)
今回は6日目の夕食です。そして、その内容は・・・・・・待ちに待った最後の晩餐、初めてのフルコースです!そのメニューはこちら。

  •  サラダ(大根、人参、水菜、ウド、すき昆布、菜の花、桜えび)
  •  そら豆のポタージュ
  •  ひよこ豆入り玄米ご飯
  •  黒米入り5分付きご飯
  •  春野菜のソテー(あさり、菜の花、生揚、椎茸、生姜、スナップえんどう)
  •  春キャベツのキッシュ
  •  苺のムーズ(豆乳・苺)
  •  たんぽぽコーヒー
サラダ。ドレッシングも有りましたが、基本野菜の味を楽しめました。味覚が覚醒したからなのか?


そら豆のスープ。優しい味でした~。


お漬物。ご飯の良いお供です!!


お米。実はお替り可能でした!!


うまぁ~。動物性の食べ物は何日ぶり??

キッシュは大好物。春キャベツの甘味がたまらない。


デザート。やはり食後はデザートですねぇ~。


 

●6日目の食事の様子。
上記の様にコース形式で食事は用意されます。一口一口、本当に良く噛んでゆっくりと食べますので、かな~り満腹です。ちなみに食べるのはやはり時間がかかりまして、上記写真の内容で60分程かかりました。日頃そんなに時間をかけて食事を採る時間はないと思いますが、これが後々の生活で、体重管理に生きてくる事になるのですが、この時は全く気が付きませんでした。

そして何よりも、味もかなり美味しいものでした~。
この断食中に胃腸を初め消化器官を休ませることも出来ましたが、舌の方も確りとリフレッシュ出来たようで、今まで以上に味をしっかりと味わって食事を頂く事ができました。断食を通じて体の方もリフレッシュ出来たのですが、やはり舌も休めたという事はかなり重要な事でしたね。

  恐るべき(正しい方法による)断食の効果!!と言ったところでしょうか。

それにしても本当に、食事が普通に出来るという事に感謝をします。感謝の気持ちってなかなか照れくさくて口に出して言えなかったりしますが、改めて「いただきます。」の意味を考えて見るのも良いかと思います。

次はいよいよ最終日の朝食のメニューとなります。断食の記事も最後になると思いますのでお楽しみに。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*