『LUPIN the third ~峰不二子という女~』見てますか~? &【私的忘備録】

≪スポンサーリンク≫

現在放送中のアニメ

『LUPIN the third ~峰不二子という女~』何だかんだで色々と楽しんでます。



当初、ルパンなのにルパンが主人公ではない事、そして最近の多くのTVスペシャルに色々と不満ばかりがあるので、特に期待もしていなかったのですが、(あっ、唯一期待していたのは“モンキー・パンチ先生”の絵に近い雰囲気になるという事だけでしたね~)・・・・・・見事に期待を裏切り、とても素晴らしい作品になってますね!!(今のところ)

公式HPより。この雰囲気が堪らないなぁ~。特に次元、最高!!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵、作画を比較しても良い雰囲気出てますよね!!

この“モンキーパンチ”の絵がたまりません。今作はかなり、いい雰囲気なのではないでしょうか?ちなみに所有のレコードジャケットです。全部集めたいけれど・・・・・・。


 

何が素晴らしいって、表現に制限がないのかって程に、不二子の胸・胸・胸・お尻がしっかりと見える!!決して無意味に湯気がたったり、発光現象は起きません。←ココ大事!!地上波の表現に対する規制に関しては、それぞれの放送局によって規制の基準が違うらしいので、今回、日テレは『ルパン』のブランドを大事に扱っての決断で、規制を緩くしたんでしょうかねぇ?故に放送局が限定されているんでしょうかね~(最新は無料オンデマンド配信されてますよ。)でも地上波で見たいよ~!!

他のアニメでは表現できないシーン(笑) 第4話より


でも、これを機に他のアニメの規制が緩和されるなんて事は無さそうな気はしますね。次々に規制緩和しちゃうと絶対収拾がつかなくなりますものね。まぁ、今回のルパンはあの独特なエロティックでアダルトな雰囲気が確りと作品を構成する一部になっているので、決して下品にはなっていないんですよね。そこが非常に大事なんですよね!!エロなくてもルパンには違いないんですが、あくまで作品の世界観を形成する為は必要ですよね。

でも、ストーリーが進み、どんな形でもルパンと次元が一緒に出てくる(第5話)と、フツーに『ルパン三世』になってしまいますね・・・・・・不二子の事を忘れちゃいましたもの。やっぱりあの二人の安定感は違いますね!!

作画も音楽も、声優さん達の演技も非常に良いのですが、あとは脚本にもう少しだけ頑張っていただけたら、最高のルパンシリーズになると思うんですけれどね。だいぶ、世界観に助けられてしまっている感じで、もっと話に引き込んでくれるようなシナリオを期待しています!!

●EDテーマ/「Duty Friend」

そろそろ回数を重ねて来て、この”ロリ風不二子”も中毒になってきたようです。
ストリーの中の不二子とのギャップが堪りません!!

ああぁプラモデルも作らなきゃなぁ~。ルパン関係は次回こそプラモデル作成状況を更新するはずです!!(←あくまで予定です。)

以下『私的』忘備録。(随時更新予定)

#1「大泥棒 VS 女怪盗」【4月4日放送】(ルパン回)

#2「.357マグナム」【4月11日放送】(次元回)

#3「淑女とサムライ」【4月18日放送】(五右衛門回)

#4「歌に生き、恋に生き」【4月25日放送】(銭形回?・・・ある意味)

#5「血塗れた三角」【5月2日放送分】(ルパンvs次元回)

#6「愛の牢獄」

以下続く。

次回の記事が気になったら、登録お願いします。

follow us in feedly

≪スポンサーリンク≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*