Noel Gallagher氏の災難 ~Mステ、Dream Onではない曲の方が良かったなぁ(個人的)~

≪スポンサーリンク≫

先日25日、大好きな歌手 Noel Gallagher(ノエル・ギャラガー)=元OASISがミュージックステーションに出演。
※動画探している人はもう1ページの方からどうぞ・・・・・・ 

彼の前回の出演時はまだOASISとしての出演だったなぁ~と、色々な思いを馳せながら番組を視聴。日本のテレビでノエルを見るのは毎回いろんな意味で面白いな。
それにしても前回もMステに出てたし、以前はニュースステーションに出てたっけ。意外にありがたいなぁテレ朝。

その後、意外な事にネットでノエルのコメントがこんな風に訳されて波紋を呼んでいて苦笑い。ちょっと面白すぎた。
―以下引用
 あの日本の歌番組は、おまえらも予想してるだろうけどクソだし狂ってる
 なんでこんな番組が日本で支持されてるのか理解できない
 まあイギリスにもトップオブザポップスっていうクソ番組があったけどな

 俺は一山いくらのクズみたいなジャップの自称ミュージシャンの連中と
 無理やり共演させられたんだが、
 その中に工場から大量出荷された粗悪品みたいなAKB48という少女たちのグループ がいたんだ。
 これは冗談じゃないぜ、そいつらは無駄に30人くらいいたんだが
 全員13歳から15歳くらいの糞ガキだったんだよ!
 俺は急に自分がすげえジジイになったような気がしたよ。

 司会者はすかしたジジイでちょうどジェームズ・ボンドの敵役みたいな奴だった
 うるさくてめまぐるしくてごちゃごちゃしてる番組で
 俺はなんでここにいるんだろうと思っちゃった。

・・・・・・て、ずいぶん悪意があるなぁ~。

 

なので、
きちんとノエルの公式HPから原文確認&訳してみる。

Well that tv show was – as predicted – fucking insane. It’s quite difficult to know what these Japanese shows are actually supposed to be about, but I’m guessing it was like some kind of version of our very own Top Of The Pops (R.I.P.).
 ‐その番組は、予想通りあり得なくて狂ってた。その日本の番組が何を目指してるのか予想するのは難しいけれど、多分、「Top Of The Pops」みたいなもんなんだろう。
 ※Top Of The Pops・・・・・・英BBCの音楽番組。動画サイトとかで良く見る。自分は重宝してます。

It was all executed with military precision. For example they give you instructions like:
 ‐番組は軍隊の様な正確さで進行するんだ。例えば、こんな指示を出すんだ

You will exit the dressing room at 8:34
‐8:34に控室を出て

You will enter corridor A at 8:37
‐8:37にA廊下へ進んで

You will shake this persons hand at 8:39
‐8:39にこの人と握手を交わす

You will perform said song at 8:41 etc . . .
‐8:41に歌を披露する、とかさ…

And the most amazing thing is it all runs like clockwork!
‐しかも、マジでそれが時間通りに進行していくんだ!
 ※ノエルは以前、新幹線のダイヤの正確性にも大変驚いていたので、今回も日本のそういった所に驚きを隠せないらしい。と言うか、海外ってどんだけアバウトなんだろうか。

I was on with a load of Japanese acts one of which was a manufactured girl group called AKB48. I kid you not. There was maybe 30 of them all between the ages of 13-15!!! I suddenly started to feel very old.
 ‐AKB48っていうガールズグループと共演したんだけど。嘘じゃないぞ?30人くらいいて、しかもそれが全員13~15歳なんだ!!! 急に自分がとても年食った気分になったよ。
 ※manufactured girl groupが勘違いされているんだろうけれど、誰かにプロデュースされているグループみたいなニュアンスなので問題なしかと・・・・・・英で言うspicegirlsみたいな感じなグループ・・・・・・例えが古っ。

The presenter was some old dude who looked at best like a James Bond villain.
‐司会は贔屓目に言って、ジェームズ・ボンドの悪役に似てるってとこのオヤジだったな
 ※このオヤジ=old dudeも卑下する言い方ではなく、愛情のある感じ。親方とかいうニュアンスもあります。 

It was loud fast and chaotic. Lord only knows why I was on there.
 ‐やかましくて、せわしくなくて、混沌としていたよ。何であの場に俺がいたのかは神のみぞ知るってとこだ

A good laugh all the same though.
‐そんなこと言っても、楽しめたんだけどね

まぁ、日頃暴言吐きまくりのキャラ認定されているノエルだけれども、別に何も酷い事は全く言ってない・・・・・・なのに何故??まぁ、むしろ番組中に罵倒する位の事を言ってくれた方が良いけれど、ノエル単体には求めない。OASISの時のあの雰囲気なら期待したけれども(←リアムにイライラしている時)。

それにしてもノエル。日本のTV番組の進行に驚いていたようだけれども、バンドの全てを掌握していたコントロールフリークだったの忘れていない??

 

でもフジロックにプライベートで来るのか、演奏するのか知らないが、ちょっと気になるなぁ。初日にはBEADY EYEが演奏するだけに・・・・・・。

 

 

次回の記事が気になったら、登録お願いします。

follow us in feedly

≪スポンサーリンク≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*