レーザーディスクを褒め称えよう。≪COEBOY BEBOP/カウボーイ・ビバップ≫Blu-ray BOX、12/21に、限定版ばかり発売。

先日、実家で少しだけ時間があったので、
今はすっかり数が減ってしまった自分の私物を、ちら~っと眺めたりしてました。
まぁ、家族には「少なくない」と無言でプレッシャーかけられていた気もしますが。

その時に思ったのですが、
LD(レーザーディスク)のジャケットって、滅茶苦茶カッコイイ!!
当時、VHSとLDしか無かった時、
こぞってLDって買ったものですが、
今思うと、滅茶苦茶デカいよなぁ~。

でも、それがカッコイイ!!

で、そんなLDのジャケットの中でも、特にカッコイイのは

≪COWBOY BEBOP≫ (1998年)

このアニメのLDジャケットは本当にカッコ良かった~。
下にリンクしているOPの様に、音楽ネタが多い作品でした。
OPの中にブルーノートのあまりにも有名過ぎる≪クール・ストラッティン≫の
ジャケットを模したシーンが出てくる事だけに、
LDジャケットもJAZZのLPを意識した様なつくりになっていて、
裏、表共に非常にお気に入りでした。

当時は結構なお値段したLDソフトですが、
今は中古屋さんで 300円ほどで販売しているのも見かけます。


映像ソフトも、小さくなる事も良い事ですが(本当に良い事)、
大きい事、古い事も非常に良い事だなぁ~と思います。



で、そんな≪COWBOY BEBOP≫
どうやらブルーレイBOXが発売される様ですね。
公式サイトも立ち上がってるし、テレ玉で放送も・・・・・・。お金の匂いが・・・・・・。
そのお金で、新作やりません??
キアヌ・リーブス主演の実写映画は中止になって良かったよう~な、残念なよ~なですが、
新作なら見たいなぁ~。

取りあえず、こちらはブルーレイの方ですが・・・・・・。
LDの写真、間違って削除してしまった(‘A`)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

<BVC限定>COWBOY BEBOP Blu-rayコンプリートパック
8月10日(金)正午より数量限定販売! というのも。
正直、セル画には惹かれるが、
実家に「ブギーポップ」のボロボロになったセル画を発見してからはもはや、トラウマ。

ちなみに、
個人的には≪初回版≫で充分だろうと・・・・・・。

「よせあつめブルース」(地上波のみの最終回)
「天国の扉」(劇場公開作品)

その両方が収録されていれば、限定盤で+15,000円の差も納得できるのですがね。
もっと、ユーザーの目線で商売してくれ~。

と書きながら思う・・・・・・さすがに「よせあつめブルース」は無理かなぁ~、と。
当時、≪COWBOYBEBOP≫は地上波で放送されていました。
当初の予定は全26話=2クールなのに、諸事情によって全13話=1クールのみの枠しか得られなかった様で、話自体が1話完結ものなので、上手い事に話を厳選しての放送。

ちなみに、金曜18:00~の枠でしたが、前番組は「こどものおもちゃ」
ちょっとギャップ有り過ぎだろう、テレビ東京。

そんな状況なので、物語は完結出来ず、TVの最終回は「よせあつめブルース」の名前が示す通りに≪よせあつめ≫な感じで編集されているのですが、
キャラクターを通じて、出てくる出てくるスタッフの愚痴??(そう受け取れるのです)

まぁ、ネットで画質は悪いですが見れますよ・・・・・・。
実家にはVHSで標準録画してあるのが・・・・・・見れるのかなぁ?


 

見ていた当時は「??」って思いましたが、
後になると、大人げなくて、またそこが良いよなぁ~て思わされたのを記憶しています。

 

 

 

放送出来ないとか、色々あったと思いますが、
何よりもサンライズがこういったアニメを作れたって事は、以後のアニメにとっても大きな収穫だったと思います。作れる幅を広げた事は間違いないでしょうし、そんなインタビュー記事を読んだ事があったはず。

色んな意味で
「大人なアニメ」ですわ~。
久々に一気に見たくなったなぁ~。お盆はこれで決まりかな。
それなんで、もっと良い商売してくださいね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*