「読書」≪エウレカセブンAO FIRST EDITION≫を、読みましたが・・・・・・どうでしょうか。

≪エウレカセブンAO≫も二週間に渡ってお休み中ですね。
その間に色々話でも整理しておこうと思ってはいたのですが・・・・・・
結局、時間も作れずに終わってしまっていたのですが、
そんな時に、非常に便利な本を見つけたので、取りあえず読んでみました。

まさに今のタイミングにピッタリな解説書でしたので、
ちょっとだけ中身に関して・・・・・・。

この様な感じですね~。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『エウレカセブンAO FIRST EDITION』
出版:太田出版 発売日:2012年8月11日(土) 




発売日も8月11日と、ちょうど二週間のお休み中の発売日でして、
ストーリーの解説も第1話~第14話の解説になってます。
1話づつ丁寧に解説はしてありますが、
正直なところ、特に目立ったものもありませんでした。
まぁ、復習にはちょうど良い程度の解説具合ですかね。

あとはちょっとした設定画がついてますが、
本当にちょっとした設定画です。この辺りはアニメ専門誌の方が載っているのではないでしょうか??
でも、エウレカの設定画は個人的に良かったなぁ~。吉田氏のコメントも一言ではありますが、嬉しいものです(結構うれしい)。

多分、この本の最大の“売り”は
監督:京多知己氏のロングインタビューではないでしょうか?
まぁ、そんなにロングではない気もしますがね~。
でもタイミング的には第14話終了後にインタビューされた様で、
制作現場の雰囲気も、なんだか伝わって来るような内容です。

ちょっと、時期的なのでしょうか、
わざと後半戦を煽る様な内容も若干、感じてしまいますが、ニヤリとする感じです。
作る過程と、やりたい事、その辺りが見えてきて
何だか今までの話の組み立てにも、ある意味納得出来るような感じがしますね~。

とりあえず、
後半戦に向けて楽しみな気分にさせてくれますよ!!

個人的には、
キャラデの吉田氏、南プロデューサーのインタビューが好きですね!!
監督だけではなく、周辺のスタッフのインタビューもあるので、
≪エウレカセブンAO≫の世界観に、ちょっと厚みが増してくる気がします(多分)。

エウレカAO、続きが気になる方には、
制作陣のインタビューは(そこそこは)読める内容にはなっていますよ!!
でも、あえて全部放送が終わってから読むのもありなのかなぁ??とも思いますが、どうでしょう?

あと200円くらい安いと買いやすいんですけどね(笑)。
お盆期間は出費が激しくて・・・・・・。

最後に一応、アマゾンから引用ですが・・・・・・。

内容紹介

『交響詩篇エウレカセブン』から7年――。
怒涛の急展開で話題沸騰中の『エウレカセブンAO』前半戦を完全収録!!
第1話~第14話を徹底解析、キャラクター&メカニック紹介、スタッフ&キャスト取材に加えて、
待望の京田知己監督ロングインタビューを収録した最速公式ガイドブック、ここに登場!!

京田知己(監督)ロングインタビュー

スタッフインタビュー
吉田健一(キーキャラクターデザイン)
織田広之(キャラクターデザイン)
竹内志保 (デザインワークス)
村木 靖 (特技監督)
Nakamura Koji(音楽)
若林和弘 (音響監督)
南 雅彦 (プロデューサー)

キャストインタビュー
本城雄太郎 (フカイ・アオ役)
宮本佳那子 (アラタ・ナル役)
大橋彩香 (フレア・ブラン役)×小見川千明 (エレナ・ピープルズ役)
名塚佳織 (エウレカ役)

イラストコメント
山根公利(メカニックデザイン)
柳瀬敬之(メカニックデザイン)
海老川兼武(メカニックデザイン)
コヤマシゲト(デザインデベロプメント)

スペシャルアンケート
後藤哲夫(イビチャ・タノヴィッチ役)
納谷六朗(クリストフ・ブラン役)
中村千絵(レベッカ・ハルストレム役)
桐本琢也(ガゼル役)

第1話~第14話 徹底解説&チェックポイント

キャラクター&メカニック紹介……amd more!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*