二つの「WONDERWALL」の比較。≪London Olympic 閉会式≫&≪コピーバンドに捧げる曲≫

≪スポンサーリンク≫

「例え回顧主義と言われようとも、再結成して欲しいです。≪Beady Eye≫の五輪閉会式を見ての感想。」
という記事に最後に動画のリンクを追加したのですが、
自分でも楽しみたいので、別記事にしてみました。
ちょっと二人の「Wonderwall」を比較しちゃいます!! 


oasisのCDジャケットで一番好き。ポストカード買ったよ、当時は。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

閉会式の「Wonderwall」とコピーバンドに捧げた「Wonderwall」

①BEADY EYE=Liam Gallagher
  2012.08.12 Olympic Stadium


②Noel Gallagher’s High Flying Birds=Noel Gallagher
  2012.08.14  War Child benefit (London’s XFM)
ちなみに、
「WONDERWALL」の元ネタはこっちの映画。
ジョージ・ハリスンが音楽を担当していたところからノエルが拝借。
この映画も、サイケで好き。 ジェーン・バーキンにもの凄くドキドキするんですわ~。

こっちはちゃんと≪Wonderwall=「不思議な壁」≫といった内容。
ちなみにOasisの≪Wondewallは「終着点」≫といった意味です。
ここにもふたつの「Wonderwall」が有りましたね。 

次回の記事が気になったら、登録お願いします。

follow us in feedly

≪スポンサーリンク≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*