コーンチョコの山に飛び込みたいっ!!~節分に、豆ではなくコーンチョコを撒くのか?~

知らない間にパッケージが変更?リスカのチョココーン

最近、気が付いた事なのですが、
リスカのコーンチョコ(商品名はチョココーン)
パッケージが変わったようで・・・・・・
今まで気にしないで、普通に食べていましたわ。
コーンチョコフリークとしては、本当に不覚ですわ。
もっと精進しなくてはなりませんね。

そんなリスカのコーンチョコ(チョココーン)が・・・・・・・
近所のスーパーで山積みに!!

SN3I0320
いやぁ~~!!飛び込みたいっ!!
ってこれ、スーパーの節分のコーナーに設置されていた物なんですよ。
そもそも、ここのスーパーは日頃、この商品を置いてません。
節分の為に、スポット導入です。
そして販売価格は100円・・・・・・近隣の競合店と同価格で、
特にオイシイ感じもしません。正直、売るつもりあるんでしょうか?
きちんと、期限内に完売出来る事を、陰ながら応援致します。

で、気が付かぬうち。、今の時代は、
節分にコーンチョコを撒く様になったのか??
伝統も文化もない節分ですね。
・・・・・・と言いながら、我が家も昔チョコ撒いてたけれど。
ただし撒くのは個包装のチョコレートでしたけれどもね、そりゃ衛生上そうだよね。

 

今こそ、「節分=コーンチョコ」文化の定着を図る時ではないだろうか?(半分本気)

最近の節分。
流通業界ではすっかりと、「恵方巻き>豆」の構図。
知らない間に「恵方巻き」を大プッシュした挙句、
気が付けば節分=「恵方巻き」のイメージも定着してますしね。

確か記憶を辿ると、「恵方巻き」のプッシュは、
セブン&アイ(特にセブンイレブン)が力を入れて始めた記憶があります。
03年頃からは競合他社もプッシュしはじめ、今では全国区。
同じような条件で、
バレンタインのチョコもメーカー主導で成功した例ですし、
流通業界の押しの力と言うのは凄いですよね。

そう考えると今がチャンス!?
「節分にはコーンチョコを年の数だけ食べましょう」
と新たなる文化を流布してしまえば・・・・・・。
団体なり、協会なり、リスカなり正栄なり、
いやいや全国のセブンイレブンでプッシュすれば良いのですよ!!
そうすれば、これは新しいムーブメントに・・・・・・

・・・・・・
なんて妄想してみたりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*