[LOVE北海道] 「雪ミク電車2013」の屋根は普通に黒かった。

どうしても気になった。
雪ミク電車の屋根は何色なんだろう・・・・・・かと。

ふと、そう思ってしまったので、
実際に自分で行って、写真を撮ってみた。
うん、好奇心は大事だよね・・・・・・、
おう、周りの目なんて気にするな!!自分!!


雪ミク2013④

正解は・・・・・・黒でした。
何とも面白くない結果でしたわ・・・・・・当たり前と言えば、当たり前だものね。

でも模型作る方には、
参考になりましたでしょうか?

ぜひ模型を作る際にはどうぞ・・・・・・って、参考にならんかな・・・・・・?

ちなみに、「雪ミク電車2013」ですが、
今回撮影した場所(下記の①)を含めて、
札幌市内で3カ所、
真上から撮影できる箇所があります。

 ①NTT病院の横の歩道橋
 ②中央区図書館前の歩道橋
 ③幌南小学校前の歩道橋

他にあったらすいませぬ。
でも、ちょっと高い所からみる市電も良いモノだなぁ~と思いました。

雪ミク2013⑥


3月発売予定でございます。

1/150スケールモデル「雪ミク電車」2012&2013を
イベント会場でも販売。でも時計台は要らぬ!!

フジミ模型より、
2月5~11日に開催予定「第64回さっぽろ雪まつり」および、
2月10日開催の「ワンダーフェスティバル2013冬」にて、
「雪ミク電車2012年モデル」「同2013年モデル」を販売。

札幌市交通局3300形電車をベースに、2012年、2013年モデルをキット化した1/150スケールプラモデル。フルラッピングされたボディーは塗装済みとなっており、車体の細部まで再現。
さらに、札幌の残念な観光名所「札幌時計台」のキットもセットされ、
冬の札幌を自宅で再現可能

・・・・・・いや、ここ札幌だし、路面電車は時計台の前を通らないし・・・・・・。
価格は共に2,940円。まぁお手頃。
でも、普通に時計台要らない・・・・・・。

上記商品は3月発売予定ですが、上記イベントで先行発売されます。
もちろんイベントでの販売キットは、成形色が一部異なる仕様で、
お金をむしり取っていく作戦ですわ。

雪ミク2013⑤