「機動警察パトレイバー」の実写化は、絶対にロクな事が無い!?ガッカリな予想をしてみた。

≪スポンサーリンク≫

2013年3月21日、「東京国際アニメフェア2013」にてのこと。

あの「機動警察パトレイバー」の実写化が発表されてしまいました。
現状では、短編なのか映画なのか、どんな形式で公開されるのかも分かってませんし、どう反応して良いのかは分かりませんが・・・・・・個人的にはガッカリな気分ですわ。

実写版「機動警察パトレイバー」公式サイト:http://patlabor-nextgeneration.com/#

なんだか、嫌な予感がするのは気のせいですか?

この件に関して、盛り上がっている人は盛り上がっていれば良いと思うのですが、
アニメ・漫画の実写化に何度も何度も残念な思いをしてきたひねくれ者の私は、
なんだかもうガッカリ感しかありませんよぉぉ。


とりあえず、その正体をちょっとだけ整理してみました。

1.案の定、物凄くクオリティが低い。
今まで本当に何度も騙された。まぁ勝手に期待したのは自分ですが・・・・・・。
漫画の実写化で良い思いをした記憶がないのです。

2.剛〇彩芽さんがキャスティングされそう。
これは、本当にウンザリ。某ドラマでは、原作のイメージを無視した髪型なのに、ショートだからって事でキャスティングされそう。

3.他の映画の同時上映とかになりそう。
実写化!って煽っておきながら、他の押井作品との同時上映扱いになって、5~10分位の短編になったりして、不完全燃焼状態に。

4.レイバーが全然出てこない。
押井守監督作品になって、最後の5分位にしかレイバーが登場しない。
パトレイバーなのに、レイバーが出ないなんて……。
でも原作に忠実になっていく程、出てこなくなる訳で複雑な感じも。

5.ゆうきまさみ先生が全く絡んでない。
これは有りそう。ゆうきまさみ先生が絡まないのは見たくない。
昨年、押井守、鈴木敏夫(ジブリ)が何だか語っていて話題になってましたが・・・・・・

押井守ブロマガ開始記念! 世界の半分を怒らせる生放送 押井守×鈴木敏夫×川上量生:http://live.nicovideo.jp/watch/lv106893480


 


と、ゆうきまさみ先生が仰ってましたよね?
何か先生抜きで、話が進行していたのならば、それは「無い」と思ってしまいますわ。
最近目にする記事では、ゆうきまさみ先生に関して「パトレイーバー」の原作者の一人としての記述が見受けられますが、≪ガンダム=富野≫と同じ図式で≪パトレイーバー=ゆうきまさみ≫で間違いないでしょ?


だから、現状では違和感たっぷりなんですよね……

6.全く新しい設定になりそうな予感。
公式サイトのURLに ≪nextgeneration≫の文字列が。
結局は「レイバー」が存在する世界という設定だけを活かし、全く違う設定での展開もありそう。これならば、実写化のハードルは低くなる予感も。

まぁ、勝手な事ばかり考えてますが、
「機動警察パトレイバー」という作品の持つエネルギーの凄さを、再認識させられる機会となりましたね。

結局は文句言いながら、実写化を待ってます!

次回の記事が気になったら、登録お願いします。

follow us in feedly

≪スポンサーリンク≫