[感無量] 「頭文字D」が18年の連載期間を得て、堂々完結!!やっぱり寂しいよ・・・・・・。

「頭文字D」が堂々完結!!
18年と言うけれども、休載が多かったからか、余計に長く感じたかも?

本日発売の「ヤングマガジン 35号」にて、
ついに「頭文字D」(作:しげの秀一)が連載終了!!

正直、寂しい・・・・・・。
そんで、味気ないっ!!
これが読後の感想。本当にしげの秀一先生お疲れさまでした。

ヤンマガ③
表紙はモモクロ。
そーえば、AKBは明後日札幌ドームのライブだが、昨日までCMやってた・・・・・・。
チケット売れてないのね、ホント。


何だか、≪プロジェクトD≫の≪D≫の意味・・・・・・
別にそんなに興味が無かったのですが、最後まで引っ張られたと言うか、
編集者に無理やり、ここまで引っ張らさせられたのかな~、と邪推したくなる内容でした。
別にその≪D≫が何でも良いのですが・・・・・・
個人的には≪ドライブ・ドライビング・ドライバー≫とかそんな感じだと思ってましたが・・・・・・、そっちの方がしっくりと来るんですがねぇ~。

ちなみに、タイトル≪頭文字D≫の≪D≫は≪ドリフト≫なんですよね。
自分、本当にこの漫画が好きでした。特に藤原拓海が高校生の頃は。
別に影響を受けた訳ではなかったのですが初めて買った車も≪RX-7 FD3S≫でした。
自分が≪FD≫に乗っていた頃、周りにもスポーツカーが沢山走っていて、ドリフトブームとか色々ありましたが、色んな意味で良い時代だったなぁ~と思います。
サーキット走行もホントに当時は盛り上がっていましたし。

在りし日のFD
在りし日のFD。
これがFD(2台目に所有した)の最後の姿でした・・・・・・。


作中では無類の強さを誇った≪AE86≫。
最後の対戦相手は同じ≪ハチロク≫でしたが、ちょっと新型の≪86≫と対決する姿も見てみたかったなぁ~と。
まぁ、作中に≪S2000≫や≪34GTーR≫が出てきた時も、それはそれで違和感があったから、もし出てきたらかなり違和感はあるんですけれどもね。