[プレゼント] アフラックから「ブラックスワン」の人形を貰ったが、出る声が微妙な感じ。

「アフラック」マスコットの≪ブラックスワン≫
資料請求等で人形を貰った。

アフラックからダイレクトメールが来ていたので、とりあえず応募。この際、個人情報の流失は仕方がない。まぁ、もうすでにダイレクトメールが来ているのだから、そんな事気にしても仕方がない。

ちなみにキャンペーンは10月いっぱいで終了の様子。今検索してみて確認。
うちの娘(現・8ヶ月)の噛み噛みするアイテムには丁度いいかなと思って申し込んだ。けれども、申し込んだ事も忘れた頃に到着。
この現象、アニメのフィギュアをそのアニメの放送時に注文しても、実際の発売=到着がアニメの放送終了後だったりして、すっかりと忘れてしまっている現象に似ているような、似ていないような。
ブラックスワン①

実際に届いた≪ブラックスワン≫の人形。
想像していたのよりかなり小さい。
ちなにみ大きさも小さいが、裏面を押すと声が聞こえるとのことだが、それも微妙。
パターンも2種類だし、音が安い。まぁ、タダのモノだから仕方がないが、そんな感じ。
ただ、将来的に娘に駆逐されるには丁度良い感じ。娘の事をよろしくお願いします。

ブラックスワン②

写真の≪ブラックスワン≫の下敷きにしたのは
≪ブラック・スワン≫(著:ナシーム・ニコラス・タレブ)
この本で言う≪ブラック・スワン≫とは・・・・・・

■「ブラック・スワン(黒い白鳥)」とは何か?
むかし西洋では、白鳥と言えば白いものと決まっていた。そのことを疑う者など一人もいなかった。ところがオーストラリア大陸の発見によって、かの地には黒い白鳥がいることがわかった。白鳥は白いという常識は、この新しい発見によって覆ってしまった。
「ブラック・スワン」とは、この逸話に由来する。つまり、ほとんどありえない事象、誰も予想しなかった事象の意味である。タレブによれば、「ブラック・スワン」には三つの特徴がある。一つは予測できないこと。二つ目は非常に強いインパクトをもたらすこと。そして三つ目は、いったん起きてしまうと、いかにもそれらしい説明がなされ、実際よりも偶然には見えなくなったり、最初からわかっていたような気にさせられたりすることだ。

  - 「BOOK」データベースより引用(アマゾンより)

それから考えると、アフラックのCMの≪ブラックスワン≫の使われ方は意味が変わってくるんだよな~と、微妙に感じる。まぁ、アフラックダック(あのアヒルのこと)との対比で使っているし、上記の本の意味が正解という事でもないから良いんだけれどもさ。なんとなくね。

ちなみに、この「ブラック・スワン」、面白いのだけれども訳が読み辛い。
いかにもきちんと訳しました!って感じなんだけれども、言葉が頭に入って来ない。

本田翼って言えば、こちらのCMの方が話題の様子ですが・・・・・・

[CM]JR東日本 JR SKI SKI 「SNOW」&「GALA」篇
北海道はもちろん放送されてないのでした。
北海道のJRって言ったら、そりゃあもう酷い有様ですからね。
そんなCMを放送する事も出来ず、日々謝罪の状況ですからね。これから雪が降ったらもっともっと問題が出てくるんだろうな~。