[読書] 新刊『マツダのテクノロジー』 (モーターファン別冊)の感想。 ~≪ロータリー車≫エンスーのオレの、マツダ愛を満たす一冊だった。~

マツダファンなら必読!!
「マツダのテクノロジー」が面白かった!!

車好きには馴染み深い「三栄書房」。
そして車好き以外には馴染がない「三栄書房」。
ホント申し訳ないのだが、車の書籍以外は存じ上げませんので、自分にはそんなイメージです、すいません。
個人的には、特に「OPTION」系の本・DVDの類にはお世話になりました。コンビニでDVDをあんなあに買うとは、当時思いませんでしたよ。
そんな感じで、車好きには(多分)避けて通れない出版社「三栄書房」の新刊の感想。

そんな車バカな(褒め言葉ですわ~)な「三栄書房」の人気ジャンルが≪ムック≫
多分人気、沢山の種類が出版されているしね。
そんな≪ムック≫の一冊に、ロータリーエンスー、FD(RX-7の事)エンスー、マツダLOVEのオイラ
しかも、今車を買うならば≪マツダ CX-5≫
の目にとまったのがこの本!!

『マツダのテクノロジー』三栄書房
2013年11月13日発売

マツダがSKYACTIVテクノロジーの考え方を我々に提示してから約3年の時間が経過した。
そして登場した新型アクセラには、SKYACTIV、i-ACTIVESENSE、魂動デザインと、マツダの新しいクルマ造りのテクノロジーがすべて詰まっている。
この特別編集号では、マツダの技術陣が為し得た「モノ造り革新」への数々のブレークスルーを詳細にひもとくとともに、その技術陣を支えた生産現場、デザイン力についても徹底取材。
マツダの勢い、その源泉を探る。

ー三栄書房ホームページ より引用ー

三栄書房ホームページ:
モーターファン・イラストレーテッド特別編集
マツダのテクノロジー

マツダの車が好きならば、読んでいて面白い!!
今話題の「SKYACTIV(スカイアクティブ)」が分かる!!

国内の自動車メーカーの中で、いつもAクラスじゃないのに、
何故だか凄い車を作るメーカー≪MAZDA=マツダ≫。
個人的な見解が強いかもしれませんが、
今のマツダの魅力ってずばり≪SKYACTIV TECHNOLOGY≫を中心に据えた、車好きの為の車作りだ!!
と思う訳です。実際にマツダのCMにもそんな意気込みが反映されているし。

MAZDA TVCM「Be a driver.」篇 60秒

そんな、≪SKYACTIV TECHNOLOGY≫の事が良く分かる本。
この本読むと、改めてそのコンセプトが凄い!!と伝わって来る。

インタビュー記事の中で出てくる、

≪長男:CX-5 次男:アテンザ 三男:アクセラ≫

この例えが物凄く分かりやすくて良かった~。
その開発の過程、車の発売、ユーザーへの≪SKYACTIV≫の社内での浸透の度合い、その辺りが理解しやすくて、異様に感情移入してしまった。
マツダ開発陣の、車に対する姿勢が読み取れて、ますますマツダが好きになったな~。
「人馬一体」「走る楽しみ」そんなユーザーに対する、一自動車メーカーの想い、
ちょっと言い過ぎかもしれないけれども、今後生き残っていくメーカーはこんなメーカーであって欲しいと思ってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*