[記録] ロードバイクで、人や車の往来がほぼ無い道を走る。そして、無意識に集中する!!

淡々と田舎道を走る、50Km。
出会うのは人ではなく、馬ばかり。

嫁さんの実家に来ると、ほとんど車に会わずに練習できるので非常に貴重。

同じ北海道でも、札幌市内と地方ではやはり環境が違うモノだと実感した。
札幌市内の山道を、朝方に走っても沢山の車には追い越されるし、札幌近郊の自転車乗り定番道路であれば、他のローディーにもすれ違うしね(それは嫌じゃないけれど)。

しかし、一人で走れるのはなかなか面白い!!

すれ違った車10台前後、
すれ違ったランナー1人、

見かけた馬100頭以上、
前を横切った馬1頭、

身体に当たった虫数匹(本気で痛い)、
車に轢かれていた蛇一匹・・・・・・

人や車とほとんどすれ違わないし、札幌市内のように様々なモノに気をつけなくて良い。
身体に激突してくる虫は、本気で痛いので嫌なのと、
馬と牛の横断には、本当に気をつけなくてはいけない。
これ本当。こんな標識もある位だしね。


横断注意
牛の絵、よく見るとリアル!?


ずっと人が居ない道を走っているので、途中からいつもよりも自分の走りに集中出来た気がする。
ケイデンス、ギアの変速、そして呼吸。
いつも気にしているつもりだったけれど、実際にはあまり気を遣えていない事を認識出来た。
あれこれ頭で考えて走るよりも、自分に向き合うしかできない環境で走るのは、なんだか自分の身体と向き合えるようで良い感じ。たまには必要な気がする。

田舎道、最高!!

まぁ、地方でも国道を走ると猛スピードのトラックには気をつけなくてはいけないけれど。

【走行記録】
時間:2:05’39 距離:55.64㎞
平均:26.6Km/h 133bpm 74rpm
獲得標高675m


雪も多く降らない地域なので、来年は春先に集中的に走り込んでみよう。
そして、レースに本格的に取り組んでいこうと、密かに誓いをたててみる。