3月4日 ~第49回 報知杯弥生賞(GⅡ)~ 検討

≪スポンサーリンク≫

3月4日 中山11R 第49回 報知杯弥生賞(GⅡ)
芝2000m 右・外 発走15:45


ちょっと忙しかったので、こんな時間に更新・・・・・・体に堪える(笑)
土曜日はちょっと精度が低かったですね。明日は頑張ります!

本命が信用できない雰囲気の弥生賞。
最近の競馬の傾向として、有力馬が【本番】と【叩き台】を確りと使い分けてきている事が明確に。
実力が有っても、勝つ気がないのでは人気でも飛ぶ。(一昨年のアパパネが良い例)
「競馬に絶対はない」を再考して、しっかりと予想してみます。

【予想】
◎ ②トリップ
〇 ⑧フェメーノ
▲ ④アーデント
△ ⑤コスモオオゾラ
△ ⑫アダムスピーク


【検討】
トリップ
仕上がりは上々。中間は計8本。中身も濃い。稽古動くジョワドヴィーヴルを2週にわたって翻弄していました。
NIKKEI杯(4着)の0.5秒差は逆転の余地有り。アダムスピークとは仕掛けのタイミングも違うので、力差はないと判断。
フェメーノ
最終追い、手綱を持ったまま併走馬を圧倒、出来は良いと見ました。
3戦2勝。前走の3戦目は2馬身突き放した相手が共同通信杯3着のスピルバーグ。唯一の敗戦のホープフルSも内で前が開かず脚を余して0.3秒差と差はない7着。ステイゴールド産駒なのも馬場が味方するか、〇で。
アーデント
前走、京成杯は大外枠の為か鞍上が折り合いに気を遣いすぎた。
切れ味自慢の馬ではないので積極的に良ければ良かった。それでも0.3秒差の4着。
今回は絶好の3枠4番、積極的な競馬が出来れば掲示板かと▲。
コスモオオゾラ
ロージズインメイ産駒は中山2000mの成績が良い印象が。葉牡丹賞の極悪馬場で、上がり36秒台の脚力。馬場状態が味方すれば、印を着けない訳にはいかないので△で。
アダムスピーク
前走、ラジオNIKKEI杯では(大好きな)ゴールドシップを下しているが、ゴールドシップの方が負けて強しの内容だったはず。
正直1番人気でも信用は出来ない。鞍上が気になるので△で。

①メイショウカドマツ、⑭サイレントサタデー(2戦2勝で魅力有)も馬場状態を考慮して押さえたいところですね。
現状の中山は、圧倒的に内枠が有利な上、馬場状態も重い様ですね。
その辺りを考慮して、馬券は組み立てないと、結果に繋がらない様です。
3月はディープ産駒が失速するとみて、全体的に評価は下げていきたいです。その中で気になるのは⑮エキストラエンド、鞍上が怖い。

馬連: 5頭ボックス:10通り
馬単: ②④⑧-②④⑤⑧⑫ フォーメーション:12通り
波乱含みとみて、手広く勝負したい。

次回の記事が気になったら、登録お願いします。

follow us in feedly

≪スポンサーリンク≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*