3月11日 ~中山11R 第30回 ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)~ 検討

≪スポンサーリンク≫

3月11日 中山11R 第30回 ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GⅢ)
1800m 芝・右  発走15:45


アネモネ。花言葉は~はかない恋、恋の苦しみ、薄れゆく希望、嫉妬のための無実の犠牲~ 薄れゆく希望。 正しくその様な結果になってしまった10日のアネモネステークス。朝からテレビ観戦していたのですが、中山の馬場が非常に怪しい感じになっており、その通りの結果になってしまいました。先々週、先週と内側が明らかに伸びる馬場だったのですが、騎手がそこを狙って走る為、内側はかなり荒れてきている様子で、逆に避けられてきた外目の馬場に、やや走りやすいコースが有るようで、外からの差しが効くようになっていましたね。これは一筋縄では行かない様子なので、明日の中山は穴を狙って行くのが正解かとも考えています。

馬場状態が読めない上(昨日のVTRを見ながら検討しましたが、当日のレース中にも大きく変化して行きそうですね。)、牝馬

【予想】
◎ ⑮ホエールキャプチャ
〇 ②アカンサス
▲ ⑭ドナウブルー
△ ⑥アプリコットフィズ
△ ⑫レディアルバローザ


【検討】
ホエールキャプチャ
届きそうで届かないGⅠタイトル。未だ無冠。本番前の一戦とは言え、調教も数をおなして万全。芙蓉S、クイーンC、ローズSいずれの勝利も、休み明け。休み明けは勝率100%。使い込むよりフレッシュな方が調子が良いのは歴然かと。個人的に鞍上・横山Jに不安もありますが、馬の実力は上位、うまい騎乗を期待しております。混戦の軸馬として本命◎で。
アカンサス
昨日の朝に予想していれば、間違いなく本命にしていましたね。
内枠、斤量53㌔。良い条件が揃っていますね。準OPからの昇級戦ですが、器用な競馬をしますし、牝馬限定戦であれば秋華賞4着等実績があるので問題はないかと。鞍上が内田Jなのもプラス材料。馬場への適応も問題なさそうです。ただし、馬場が変わってきているので〇で。ただし、内がかなり荒れてきていればヒモ止まりにします。
ドナウブルー
不安材料は、長距離輸送のみ。気性が良くなったとは言え、長距離輸送には一抹の不安が残ります。当日の馬体重が大きく減っていなければ良いのですが。
鞍上c・デムーロとも前走で勝利を挙げていますし、前目で競馬が出来るようになったので、外枠でも問題はなさそうですので▲で。
アプリコットフィズ
未だに折り合いに課題が残りますが、折り合ってしまえば前目で競馬をされると怖い存在かと。鞘重の馬場でも2着・4着・2着と適応出来そうなので△で。
レディアルバローザ
ここ近走は力が出せていない様ですが、久々を叩かれて怖い一頭。走法はピッチ走法なので、重たい馬場も問題にはしなそう。他馬が牽制するような状態であればハナを取ってそのままも・・・・・・。鞍上福永Jも昨日は絶好調。1番人気に騎乗しなければ勝っても良いのではないかと△。

⑬コスモネモシンも馬券に絡めていきます。地味ですが力は向上している様です。前走は誤算の+12㌔。今回はキッチリと馬体を仕上げていれば、時計のかかる馬場であれば非常に怖い存在。ヒモで絡めていきます。

【買い目】
馬場状態が読めない状況なので手広く。
馬連:②⑥⑫⑭⑮ 5頭ボックス:10点
3連複:②軸一頭 相手⑥⑫⑬⑭⑮ 5頭 のながし:10点

次回の記事が気になったら、登録お願いします。

follow us in feedly

≪スポンサーリンク≫



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*