日本で一番、東の線路を走るルパン三世。浜中町に思いを馳せながら『峰不二子という女』を見る。

≪スポンサーリンク≫

先日2日の夕方、地元のニュース番組を見ていると、こんな感じの話題が。多分、こんな感じだったはず。

「ルパン三世」のラッピング列車が2012年4月1日、花咲線(根室本線、釧路~根室間)での運転を開始。同線の通る浜中町(北海道・厚岸)が、「ルパン三世」の原作者モンキー・パンチ先生の出身地であることから実現したもの。同町を含む沿線自治体とJRで構成する協議会が、観光の呼び水にしようと企画。今後3年間、釧路-根室間を1日最大3往復する予定。すでにツアー募集も始開始。
列車にはルパン三世のほか、峯不二子、次元大介、石川五右衛門、銭形警部が描かれている。
同町の茶内駅で行われた出発式にはモンキー・パンチ先生も出席し、車体にサインを入れて祝福。「浜中の自然や食材を皆に満喫してほしい。だから、ここでは何も盗ませません」などとコメント。そしてパンチ先生は、地元の子供たちに、ルパンのイラスト入りのサインもしてあげていた
・・・・・・

それにしても、羨ましいなぁ~。

まぁ、3年は走っているらしいので、そのうち時間が出来たら行ってみようと思うのですが、申し訳ないが、意外と釧路は遠いぃぃ。まぁ6時間も車に乗れば、札幌からでも着くのだけれど、でも遠いなぁ・・・・・・。夏にいきましょう、夏に。夏は日も長いし、大丈夫!!



 

 

 

 

 

 

で、ルパン三世。

昨日(4月4日)から、新シリーズと言うのか、番外編と言うのか、新作が開始されている!!その名も「LUPIN the Third -峰不二子という女- 」。
ファンの間では「新ルパン」でお馴染みの「ルパン三世 PARTⅢ」以来のシリーズとなる訳で、非常~に楽しみ!!しかも、原作にかなり雰囲気が近いっ!!一人激しく、盛り上がったのだが・・・・・・、

やっぱりね、地元のテレビ局では放送がない・・・・・・。

日本テレビオンデマンドで見て下さいってね。やっぱりテレビで見たいけれどね。まぁ、見ますけれどね。

#01「大泥棒VS女怪盗」(4月4日放送分)



 

個人的に、今までの不二子の中で、一番好みな絵柄ですね!!

 

 

 

内容は、う~ん、大満足!!好みは非常に分かれてしまいそうですが、原作のルパンの雰囲気を確りと再構築して、現代にうまく再現出来ていると思います。おっぱいがたくさん出てくるけれど、下品じゃないし、むしろモンキーパンチのルパン!!て感じで凄く自然。

ああっ、パイロットフィルム版を見た時以来の感動!!
(野沢那智氏、広川太一郎氏のルパンも渋くて良かったよな~。)

まぁ、脚本がちょっと弱いと、1話をみた時点では思いましたが、今後に期待します。そして、監督は女性なんですね~、やっぱり女性だから作れるのかなぁ~とも感心しながらOPとかは見てました。カッコつけて言えば“前衛的”?なんだろうけれど、普通にカッコいいです。あと、クリカンのルパン、正直ずぅぅぅ~と好きじゃなかったけれど、「何、コレ??」って思うほど、シリアスな演技されてて、驚きました。今まで申し訳ないです・・・・・・いや、今までのは、やっぱり好きじゃないぞ!!

何にしても、毎週楽しみ&ブルーレイ欲しいっす!!買うっ!! 

日テレも、こんな良い作品(人は選ぶけれど、ターゲットハッキリしてるんだし)は、全国放送で堂々とやって下さい!!宣伝も少なかったと思いますしね!!

ああっ、ルパン最高!!

次回の記事が気になったら、登録お願いします。

follow us in feedly

≪スポンサーリンク≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*