エウレカセブンAO【ネタバレあり】 第16話「ガーディアンズ・ハンマー」(Bパート) もう、目が離せないっ!!

久々(二週間ぶり)の「エウレカセブンAO」。
自分でも、自分が想像していたよりもハマってしまったのが、今週の第16話。
第15話「ウォー・ヘッド」で、いざ最終決戦!!の様に振っておきながら、
実際には、物語の大転換点になっている様子。
そのいい加減な具合も、何だか非常に面白いなぁ~と感じました。
そんな訳で、個人的な感想なんかをぐだぐだ綴ってみたくなってしまいました。


エウレカさん、怖いっす・・・・・・と思ったら。
そんな、お股の間に立たれると・・・・・・。

また、コイツ(ナル)ですわ~。

ここに来て、積極的に物語に絡んで来る<ナル>ですが、
正直に言って、まだまだ感情移入も出来ていないし、愛着も湧きません。
ちょっと、唐突にキャラが変わってしまった事にも自分は着いていけません。
しかし、<アオ>は気になっている様で・・・・・・。
<アオ>の夢のパートになると絡んできますが、正直これが夢なのか、はたまた違う世界の形なのか・・・・・・。

そして、この人も良く分かりません。

そのままで、ニルヴァーシュと互角(それ以上?)に戦うだけの戦闘力を持っていて、
<アオ>にとっては、どうしようもなく面倒な敵なのに、こそこそハッキング。
まぁ、やってる事は地味でも、起こそうとしている事は大参事なんだから理解は出来るんですが、もっとガチガチに戦って欲しいなぁ~と思ったりもします。

そして、今回も頑張るのは・・・・・・
<マギー・クァン>


<メイヴ・マキャフリイ>


<クロエ・マキャフリイ>


Goldilocks and the Three Bears
童話「3びきのクマ」が名前の由来のチームゴルディロックス。
正直、あまり好きではなかったのですが、ここ何話かで自分の中では好感度アップ中。
<アオ>の中でも確りとな、


そして、妙に彼女たちに感情移入させてくれるカット。
戦いの中に、ちょっと癒されるシーンでした・・・・・・。





二週間のお休みの間に思ったのですが、
「エウレカセブンAO」、やっぱりロボットアニメとして楽しみたい!!って思いました。
こういうシーンを見ると、やっぱりロボットアニメ好きだなぁ~と個人的に思います。
乗り物のコックピットって、やっぱりきちんと描かれていると好印象だし、
今回のエウレカって、一昔前のF1みたいな雰囲気があって好きです。


こんな、演出なんかも嫌いじゃない。













OPでも、その姿を確認出来ます、新兵器。
ストーリーの中でも、とても重要な武器なんですが・・・・・・
見かたによっては、制作スタッフにとっても超兵器な感じがぁ(・´з`・)
でも、自分的には良い武器(良い副作用)だなぁと思います。
これで、確りと物語を完結する事が出来たならば、間違いなく名作になるはずですよね!













そして、

今回の第16話「ガーディアン・ハンマー」で
一番ハッキリしたのが、ED曲の歌詞が意味部下だって言う事。
EDにネタバレの要素があるらしい事は聞いていたのですが、正直何が「ネタバレ」なのか分かりませんでした。
ただ、16話を視聴してあまりにも歌詞が、今回のストリーとリンクしていて・・・・・・。

JOY「アイオライト」
作詞:作曲:天田優子
歌詞(TV Size version)


不確かな
僕の世界が今
瞬く間に
変わり始めて
広がる

あの日見つけた
夢の続きはどこ?
すぐに探してみせるよ
今も僕だけは
憶えているんだ
懐かしい温もり

待ち受けてる運命に
立ちすくみ怯えてた
もう決して迷わないように
強くなってゆくよ
二度と戻れない過去も
明日から糧にして
そうやって乗り越えてゆくのさ
そうして僕は僕になる



-今も僕だけは 覚えているんだ-
ちょっとしたホラーの様にも思えてきましたが、
この先<アオ>がこの世界で何に気づき、何を考え、何を語るのか、気になります。
全24話で、前作「交響詩篇」と同様な物語を展開しようとしていれば、絶対にテンポも早くなるし、説明不足な部分も出てくると思うのですが・・・・・・現状では、結構好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*