ギブソンのサイトが「歴代最高のロック・デビュー・アルバム10選」にDefinitely Maybeが・・・・・・、万歳!!

≪スポンサーリンク≫

ギターメーカー、ギブソンのサイトが
「歴代最高のロック・デビュー・アルバム10選」を発表

 

“ギターメーカー、ギブソンのサイトが「歴代最高のロック・デビュー・アルバム10選」を発表”
という記事をGunosy経由で読んだりしまして、
Gunosyってなかなか便利だなぁ~と思いつつ、あまりにも安定して10選に共感。

Appetite for Destruction (1987) – Guns N’ Roses
Black Sabbath (1970) – Black Sabbath
Are You Experienced? (1967) – The Jimi Hendrix Experience
Definitely Maybe (1994) – Oasis
The Doors (1967) – The Doors
Never Mind The Bollocks (1977) – The Sex Pistols
The Velvet Underground & Nico (1967) – The Velvet Underground
The Clash (1977) – The Clash
Please Please Me (1963) – The Beatles
Led Zeppelin (1969) – Led Zeppelin

まさに名盤と言った感じのラインナップ。ど真ん中ストレート。
でも、多分、Maybe・・・・・・きっと、
この中に「Definitely Maybe」が入っていることに違和感を覚えた人も結構居そう。

でも、自分は上記のバンドではOasisが一番好きなので、万歳!!
バンドが解散した現在でも、名前がこういった所に出てくることは素直に嬉しいですよね。
以下、ギブソンのサイトから抜粋。

Definitely Maybe (1994) – Oasis

No band better fused the melodic glory of traditional British pop with raucous guitar underpinnings than Oasis did on their landmark debut. Speaking to London’s The Guardian in 1994, just prior to the album’s release, Noel Gallagher described Oasis’s sound. “[It’s] all the best bits of every band that anyone’s ever liked,” he said. “We sound like all the important bands. People slag us off and say we sound like The Beatles, T-Rex, the Stones, The Jam, Sex Pistols — but it’s better than sounding like Spandau Ballet. In 20 years’ time, Definitely Maybe will still be in the shops, and that’s what it’s about.”

うん、20年後にも店頭には置いてあるなぁ・・・・・・。

definitely

この記事、実は次の記事を書きたかっただけだったりして・・・・・・
関連記事:[改めて OASIS を振り返る] #02 ~Definitely Maybe~

次回の記事が気になったら、登録お願いします。

follow us in feedly

≪スポンサーリンク≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*